昼下がり、ライ麦のパン

0
    暑い日が続きます。
    いかがお過ごしでしょうか。
    夏のこの暑さのせいもあってか、最近はお昼のお客さんよりも、
    昼下がりにのんびりテラスでケーキや冷たい飲み物を目的に
    友達や親子で来てくださる姿が目立つようになりました。
    夕時は川の光と音が心地よいです。
    ゆったりのんびりしてくれているお客さんの姿を見ると
    嬉しくなります。
    そして最近、パンの購入だけに来てくださるお客さんも増えてきました。
    ありがとうございます。

    今日は新しく作りましたライ麦パンのご案内です。
    このパンは個人的にもとても気に入っていまして、
    みなさんにもぜひお試し頂けたらと思います。
    石釜でしっかり焼いている色もとても気に入っています。
    他のカンパーニュよりも長時間焼いていますので、
    こんがりとチョコレートの様な色に焼き上がりました。
    この焼き色が石釜の特徴でもあります。
    ライ麦が60% 、 北海道産 キタノカオリが40%、
    サワー種ではなく自家製のルヴァンを使っています。
    しっとりした食感とライ麦の香りを存分に楽しめます。

    以前自分が住んでいた北ヨーロッパのラトヴィア共和国の黒パン(ライ麦パン)
    とは作る過程や方法、種(酵母)が異なりますが、
    焼きながらつい思い出してしまいます。
    肉料理やスープ、チーズにもとても相性の良いライ麦パンです。
    また、ライ麦に含まれるとても豊富な栄養素も魅力的かもしれません。

    上野雄志


     

    夏のテラスにパラソルが登場。

    0
      こんにちは。
      本格的な夏が始まりました。
      夏なので暑いのが当たり前なのですから、その暑さとの付き合い方を考えるのが
      今の人たちの楽しみながら取り組みたい行事なのだと思います。

      建物内部は幸い木と土だけの空間になっていますので、
      一階内部は扇風機があると充分すごしやすい。
      外より涼しく感じるときもあります。
      さすが天然材料を存分に活かした家造りの知恵です。
      それでも暑ついのであれば(多々あります)、
      それこそがが夏との「付き合い」方なのだとおもいます。
      そして昨日よりテラスでは川の水と木陰で自然の風を感じながら、
      パラソルの力をかりて外でくつろげる空間になりました。

      パラソルは日月堂でもお世話になっているYanagi Coffeeさんと一緒に
      お邪魔した同じ日高市にあるとても美味しくて素敵なカフェ、
      ジュリアンに行った翌日に
      (ジュリアンにはとても過ごしやすいテラスがあります)、
      すぐに取り付けようと思いました。

      快適な外のテラスは夏もいい感じです。
      夏メニューも考えなくてはいけませんね。
      よろしくおねがいします。

      上野雄志



      ヒマラヤン マテリアル by 自由の森の生徒さん達

      0
        こんにちは。
        夏が始まって暑くなったと思ったら、昨日今日はとても涼しい気温です。
        しかしこの涼しい日もつかの間なのでしょうね。

        先日お伝えした遠藤昭一さんの『Himalayan Material』、
        来る人にとても興味をもってもらえていて幸いです。

        じつはとても暑かった先週の連休にCafe 日月堂の週末によく手伝いに来てくれている
        自由の森学園の生徒さんが(スタッフは日月堂シスターズという愛称で呼んでいます)、
        そのヒマラヤン マテリアルの商品アピールと紹介を彼女達自身の手でしてくれています。
        自分たちで商品を身につけてカメラで写真を写し合っている姿は高校生そのものでした。
        ただただ彼女たちの若さと元気に、こちら側が元気をもらっていることを実感します。
        そんな彼女たちももう夏休みなのでいろいろなところへ出掛けるようです。
        楽しみですね。

        左から広畑菜摘さん、八木ももさん、蔭山真理奈さん

        以下彼女たちが撮影した写真です。背負っているカバン、帽子、ボトルキャリアが
        『Himalayan Material』商品です。


        (暑い夏の日に遠くヒマラヤの風を感じる日月堂シスターズ)

        『Himalayan Material』、
        是非 Cafe 日月堂へお越しの際には試してみてください。
        とても涼しく風を感じれることと思います。

        上野雄志


        Basil

        0
          カフェがオープンしたのが4月でしたので、ドタバタしているその時期に
          友人がやっております畑をちょこっと借りてそっとバジルを植えました。
          今日朝みに行ってみますと逞しくしっかりと葉が茂っています。
          何の手も加えていないのですが、さすがバジルくん。育っていました。
          バジルは現在スープやチキン料理、ピザなどにつかっていますが、
          これからはこのバジルを使えそうです。

          今はまだハーブをちょこっと育てているだけですが、
          近い将来すこしでもカフェの時間で余裕ができましたら、
          友人におしえてもらいながら野菜もちょっとずつ育てていけたらと思っています。
          その友人はむかしはカフェの建物の大工をやっていましたが、
          現在は畑に精を出して頑張っています。
          野菜が育つとほんとうに嬉しそうな彼ですが、それもそのはずですね。
          自分も今週からハーブを自家製で使えるのだから静かに喜んでいるところです。

          上野雄志


          うれしい朝

          0
             こんにちは。
            今朝は昨日からの霧雨がまだ続いていましたが、
            緑の多いテラスは以外と気持ちが良いものです。
            雨の日の方が自然が息づいてみえると言う方もいます。

            朝いつものように準備していますと、今日もカフェを手伝いにきてくれている
            蔭山 真理奈が一番乗りで到着しました。
            飯能市にある自由の森学園の高校2年生で中国舞踊をはじめ、
            本当に色々活動している多忙な高校生です。
            カフェがオープンして以降、親身になって手伝いに来てくれています。
            現在ではカフェの週末の看板娘といったところです。

            そんな彼女からお土産に自家製(真理奈作)のケーキとワインを頂きました。
            こんなうれしい朝はなかなかありません。
            自分もなにかお返しになるようなものを探しながらアタフタしてしまいました。
            ぼくの方が倍ほどの歳なのに、アタフタしているのだから情けない。

            現在、自由の森学園の生徒さんで真理奈を含めて3人の女の子が手伝ってくれています。
            追々、みんなの紹介もできたらと思います。

            さて今夜は楽しみにしていた隼(jun)のライブ。
            高校生のみんなで隼(jun)のライヴを盛り上げてくれることでしょう。
            隼(jun)も喜んでくれるはず。
            彼女たちのパワーは無敵です。

            上野雄志


            今週金曜日にヨガがはじまりました。

            0
               待ちに待ったヨガがCafe 日月堂で今週金曜日からはじまりました。
              クラスを教えるのは吉原千寿さん。
              はじめて会ったときから、この方の雰囲気と人柄に親しみを感じる毎日でした。
              実はオープンするずっと以前からヨガクラスは必ずやりたいと、思っていました。
              こんな素敵な方がヨガクラスを持ってくれるとは何ともいえない幸福な気持ちで一杯です。
              昨日の一回目、今週の二回目と共に予約が満員です。
              これも千寿さんの人柄、
              そしてなにより彼女の行うヨガの魅力が尽きないということなのだと思います。
              3週目の予約は現在まだ受け付けていますので、ぜひご利用ください。
              自分もはやく参加できたら心も体も(同じかもしれませんね)喜ぶはずです。
              http://chizuyoga.exblog.jp/



              Cafe 日月堂 で使用している薪の紹介です

              0
                 こんにちは。今日は Cafe 日月堂 で使用している薪の紹介をしたいと思います。
                cafe 日月堂の石窯はカフェ入口の煙突のみえる建物(小屋とでも言いましょうか)
                にあります。カフェで使用しているパンは勿論、土日祝日のピザもすべてその石窯
                で焼いています。石窯で焼くということは燃料(エネルギー)が必要です。
                熱の源となる薪は言わばカフェを支える大切な力ですね。これがなければ何も始ま
                らないとは言い過ぎかもしれませんが、ここの元気の源というわけです。

                さてその薪、じつは近所にある吾野原木センターにちょっとずつ分けてもらってい
                ます。(原木センター社長の鴨下さんにはオープン前より御世話になっていて何度
                かカフェにも来てくれました)
                まずは軽トラで出かけてだいたい荷台にいっぱい(一バンドほど)になると持ち帰
                ります。裏でチェーンソーで大凡の長さにきり、必要に応じて斧で薪割りします。
                石窯で定期的にパンやピザを焼くとこれがまあまあの量になります。
                電気やガスを使うわけではないから、薪という正体(エネルギー)がしっかり自分
                の手の中にあるわけです。これで自分はしっくり来ます。
                ピザは400度以上(薪を3時間ほど燃やします)、窯の石に蓄積させます。その
                蓄熱と直火で焼きます。パンはすこし冷まして200〜250度(パンによります
                が)くらいにしてから、これもまた貯められた熱で焼きます。
                現在じぶんがパンとピザを焼いているので彼ら(薪)の存在は非常に大切です。
                そして吾野原木センターさん、とりわけ鴨下さんにはとても感謝しています。
                 
                上野雄志























                家空間

                0
                   こんにちは。ちょっと涼しい日がつづきます。
                  もう梅雨の時期です。Cafe 日月堂はドタバタで何の準備もできないままオープンしましたのでカフェ内部も机と椅子が置いてあるだけですね。ちょっとづつ暖かい空間になっていけばいいです。そんなわけで主にじぶんが留学中などに撮った写真作品をほんとうにボチボチですが一本一本のそれぞれの柱に置いていこうかとおもいます。常におんなじものは置きたくないのでお好みの気分や外の天気、季節によって替えていけたらいいなあとおもっています。小さいですので良くみないと写真がみえませんがちょっとそんなところもスタッフと皆さんとで楽しんでいきましょう。  上野雄志

                  トリの木箱

                  0
                     暖かい話題をお伝えします。ある日の朝カフェにいくと玄関に木箱が置いてありました。「なんかいい感じのポストでも誰かがつくったのだろうか」と思っていたのですが、木箱をみるとちゃんときれいに作ってあって、その時はじつはあまり気にとめていませんでした。今日パンを焼いていると目の先にその木箱がありました。印字もしてあってウチのCafeオープンのお祝いに誰かがくれたものだとわかりました。そのあと妻が話す内容からどの人から頂いたものなのか検討がついてきたのですが、こんなすてきなサプライズ、これまでもらったことがありません。検討はついているけど、作家さんありがとう。鳥のいるスペース、すばらしいとおもいます。トリの木箱

                    Salad

                    0
                      先日Blogで紹介したレタス(前島さんの畑でとれた)、
                      最近この様になってます。
                      お店にきてくれているお客さんには一人一人つたえられていないけど、
                      暖かい気持ちがふくまれたSaladです。



                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << January 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      書いた記事数:338 最後に更新した日:2019/01/20

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM