明日の日月堂、葉山のシンポジウム。

0
    彫刻家、西雅秋氏による葉山でのワークショップ。
    行けたらと思っていましたが、日曜日なので無理でした。
    高校の3年生のころから、西氏にはことある場面で大変お世話になってきました。
    明日葉山で行われるワークショップ、居合わせる友人から話を聞いてみたいものです。 

    日月堂では明日は自由の森の在学生が三人も手伝いに来てくれる様です。
    久しぶりに会う子もいて、楽しみです。
    日高の素朴で不器用なカフェですが、
    明日は高校生のスタッフが楽しくやってくれそうです。



    2013/01/10

    1/20(日)彫刻家 西雅秋氏による"モノの型をとる"ワークショップ ※定員に達しましたので申込受付を終了いたしました

    ゴームリー作品と並んで海に面した庭に展示されている、漁船から型をとって制作した作品《大地の雌型より》。その作者西雅秋氏による、モノの型をとって作品を作るワークショップです。西氏は漁船から、ゴームリーは自分の身体から、 直接「型」をとって作品を作っています。「型をとる」ことで見 えてくる、いつもとちょっと違った世界を体験してみましょう。

    ------------------------------------------------------------
    【ワークショップ②】「形の内と外― 型をとる」
     ※定員に達しましたので申込受付を終了いたしました。

    講 師:西 雅秋氏(彫刻家)
    日 時:2013年1月20日(日) 11:00 - 16:00
    会 場:神奈川県立近代美術館 葉山 講堂 および野外
     ※要申込、小学校高学年以上、定員 20 名(先着順)
     ※参加無料
     ※汚れてもいい服装でお越しください
     ※汚れてもいいタオル等をご持参ください。
     ※出来上がった作品はお持ち帰りいただけます。15cm前後の立方体が入る袋等をご持参ください。



    ◆講師のメッセージ
    「眼前に広がる海、鋳型の大地が海水を受け包み込み、型取りは終った。
    そしていま、水面に浮いた5隻の漁船それぞれの記憶への鋳込みが始まった。」

    ◆講師紹介

    1946年生まれ。武蔵野美術大学卒業。アメリカ、パリ、デンマークに滞在。サンパウロ ビエンナーレ(93年)などグループ展多数 。広島市現代美術館(98年)、 神奈川県立近代美術館(2005年)で個展 。







    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 高麗本郷メガソーラー計画を考える<住民と地権者>のための勉強会
      森田章子
    • スタッフ募集中!
      更井幹子
    • スタッフ募集中!
      Sarai Mikiko 更井 幹子
    • カレーパンのある風景
      上野
    • カレーパンのある風景
      伊東 唯
    • 4月28日は、日月堂4周年の日です:-)
      山猫
    • 杉原 敬さん が造る 日月堂 の『扉』
      ち−ぼ−
    • 秋、アロマ講座のスタート
      kahori
    • 日月ちゃんと日月堂
      雄志
    • 日月ちゃんと日月堂
      さおり

    links

    profile

    書いた記事数:382 最後に更新した日:2020/09/17

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM